ストリートスノボコンテスト
バートンスノーボードは8月13日、今年で3回目となる日本最大のストリートスノーボードコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」を、11月16日に六本木ヒルズアリーナで開催することを発表した。
○街中でド派手なトリック! 迫力のストリートスノーボードとは?
ストリートスノーボードとは、街中で行うスノーボードで、街にある手すりや階段、壁やフェンスなどの造作物を使い、トリックやライディングを行うスポーツ。ちなみに造作物を使ってトリックやライディングを行うことを「ジブ」と言い、ジブを得意とするスノーボーダーのことを「ジバー」と言う。
ジバーのストリートパフォーマンスは主に映像や写真を中心に配信されている。撮影は、目立たないところで行われているため、直接目で、その技を確認することは難しい。同コンテストではふだんは見ることのできないトップジバーの、華麗なストリートパフォーマンスを間近で見ることができる。

○六本木ヒルズ内のステージで、選ばれし16人による技の競演

「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」は、2011年に初めて日本で開催され、初回時には3,000人、2012年には4,000人を動員した、日本最大のストリートスノーボードコンテストだ。
今年の開催日は11月16日。場所は六本木ヒルズアリーナで行われ、観戦料は無料。当日はヒリズアリーナ内に造られた特設ステージで、世界各国から集まった16名のトップジバーが、3代目チャンピオンのタイトルの座をかけて熱く、かつクールなライディングやトリックを繰り広げる。
同日はコンテストだけでなく、キッズ専用のスノーボードパーク(BURTON KIDS’RIGLET PARK)が開設される他、人気アーティストによるライブも楽しめる。
詳細は同コンテスト公式ホームページを参照のこと。
転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/diet_healthcare/news/mynavi/